コラム

オープンデータの推進

政府は行政機関等が保有するデータ(公共データ)の民間事業者等による活用が進むよう、機械判読可能な形でデータを提供する「オープンデータ」の取組を推進しています(e-Gov)。

オープンデータの目的は、①透明性・信頼性の向上、②国民参加・官民協働の推進、③経済の活性化・行政の効率化の三つとされています(2014:電子行政オープンデータ戦略)。

私の住む福岡県では、「自治体オープンデータ」というサイトでデータが公開され、自治体が持つデータを活用したサービスやアプリケーション等も紹介されています。オープンデータが推進されることでデータの活用が進み、これまでになかった新たな事業や産業が創られたり、違った視点からの分析が進んだりすることが期待されます。

このオープンデータの取り組みを大学でできないかというのが私たちの考えるコモン・データ・セット(CDS1)共通のデータフォーマット)です。

大学の情報は、各大学のホームページや大学ポートレート等で公開されています。また、大学に対しては、公的機関、マスメディア等からも調査が行われ、調査を通じて得られた情報が公開されています。

しかし、公開されたものの多くは「情報2)データを加工した資料」であり、「データ3)数値や文字など」ではないため、二次利用ができません。

二次利用ができないということは、情報の検証ができません。また、第三者も利用することができません。加えて、回答側(大学等)は調査の度に回答する必要がありますし、調査ごとに算出基準等が違うため、数値を再度算出したり再計算したりする必要が生じます。

CDSが実現すると、その公開の形式次第ではありますが、データの二次利用が進むこと、各種調査における重複項目の調査が減ること等が見込まれます。

二次利用が可能になると、多くの研究者の視点での分析が進むことが予想されます。他国との比較も容易になるでしょう。それぞれの大学の強みや弱みもより鮮明に見えてくるかもしれません。

比較できることについては賛否があるでしょうが、まずは各大学の自己の状況を認識することにもCDSが活用できるのではないかと思います。

活用の前にまずは実現できるよう、プロジェクトメンバーの一員として貢献したいと思います。

                                           参考

e-Gov 電子政府の総合窓口 オープンデータの取組について
http://www.e-gov.go.jp/doc/opendata/index.html

電子行政オープンデータ戦略 平成24年7月4日
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/pdf/120704_siryou2.pdf

(福岡大学 藤原僚平)

References   [ + ]

1. 共通のデータフォーマット
2. データを加工した資料
3. 数値や文字など