研究成果一覧

論文・論考等

・荒⽊俊博・藤原僚平・上畠洋佑,2018,「日本版コモン・データ・セット(CDS)実現に向けた予備的研究-大学を対象にした調査の質問項目の分析を通して-」『大学評価とIR』9,pp50-61,(査読あり)

・藤原僚平・齋藤渉・上畠洋佑,2019,「大学への調査の実態把握に関するパイロット分析
-A大学における調査負担可視化の試み-
」『大学評価とIR』11,pp3-14.

文部科学教育通信(連載中)

・上畠洋佑,2019,「日本版コモン・データセット構築を目指して 第1回「J-CDSプロジェクト」とは」『文部科学教育通信』467,pp24-25.

・荒木俊博,2019,「日本版コモン・データセット構築を目指して 第2回「J-CDS策定の課題〜基幹統計とデータ定義〜」468,pp34-35.

・渡辺健太郎,2019,「日本版コモン・データセット構築を目指して 第3回「マスメディアから大学情報を入手しているのは誰か?」469,pp24-25.

学会・ポスター発表等

・藤原僚平・荒⽊俊博・上畠洋佑,2018,「⼤学を対象にした調査の現状把握と調査項⽬の整理−⽇本版コモンデー タセットの開発を⽬指して−」継続的改善のための IR/IE セミナー2018,2018.3.2(九州工業大学)

・荒木俊博・上畠洋佑,2018,「大学への外部機関からの調査依頼に関する実態把握の試み ―コモンデータセットアクションプラン提案を目指して―」大学教育研究フォーラム,2018.3.21(京都大学)

・藤原僚平・齋藤渉・上畠洋佑,2018,「大学への調査は”負担”か?”説明責任”か?-A 大学における調査対応の実態把握-」大学評価・IR担当者集会2018,2018.8.24(九州工業大学)

・近藤直幸・藤原僚平,2018,「マスメディアから大学への調査依頼に対する現状分析」
大学行政管理学会 第22回定期総会・研究集会,2018.9.2(桜美林大学)

・藤原僚平,2018,「マスメディアから大学への調査依頼に対する現状分析」大学行政管理学会(JUAM)第59回 九州・沖縄地区研究会,2018.12.1(福岡大学)

・荒木俊博・齋藤渉・上畠洋佑,2019,「日本版コモンデータセット(CDS)構築の試み」大学教育改革フォーラム,2019.3.9(名城大学)

・近藤直幸・藤原僚平,2019,「マスメディアからの調査依頼に対する大学側の意識」大学教育改革フォーラム,2019.3.9(名城大学)